音の駅 ”僕の歌”  Bapak Uchida

音楽で人生を豊かに過ごしましょう。夢実現のお手伝いをします。

シニアのための曲 シリーズ NO.1


さざんかの花   歌/千夜千曲  楽譜掲載動画


今日から9月。
もう秋の気配を感じます。


今日からシニアのための曲を紹介したいと思います。


まず一曲目は、【さざんかの花】です。
YOUTUBEでカバー曲を中心に活躍されている千夜千曲さんが歌を入れてくれました


作詞・作曲/Bapak Uchida
歌/千夜千曲


【さざんかの花】


君が入れるお茶の味
心深くしみとおる


いつも 僕の右手の先
夫婦湯呑 湯気に揺らぐよ


我慢できる我慢なら
我慢なんて言えないと


我慢できぬ我慢をする
君は母の教えのままに


さざんかの花が 咲きました
小さく可憐なその花は


つつましすぎる
君の心のまま


(間奏)


君が作る まかないに
今日も二人 舌つづみ


水屋箪笥 ガラス越しに
夫婦湯呑 並んでいます


人はなぜに死ぬのかな
死んだ後は何処へ行く


いつか君が問いかけてた
答え今も  見つからぬまま


さざんかの花が 咲きました
赤くて可憐なその花は


美しすぎる
君の心のまま


君が点てるお茶の味
心深くしみわたる


いつも 僕の両手の中
夫婦茶碗 湯気に揺らぐよ


さざんかの花が 咲きました
小さく可憐なその花は


つつましすぎる
君の心のまま