音の駅 ”僕の歌”  Bapak Uchida

音楽で人生を豊かに過ごしましょう。夢実現のお手伝いをします。

器の置き方 スッキリ 9月28日


加藤浩次さんがこのコーナーで、器の盛り付けも大事ですが器の置き方も大事ですと、
唐突にコメントされ、一瞬間が空きました。


確かに、器の盛り方でトラブルは起きませんが、器の置き方によっては気分が悪くなることもあるな、と思います。


例えば、話の内容は間違いのないことで、話し相手の為と思ってのこととしても、その
話し方次第では非常に不愉快な気持ちになることがあります。


直近で感じたのは、我妻からの私への苦言についてです。


認知症に関するテレビ番組で食事後に血圧が20以上下がると眠くなり、それが認知症に
悪影響を与えるというもので、その対策は30回は噛んで食べるという内容でした。


昼食時はいつもテレビを見る習慣で、妻は食器を片付け皿を洗っていました。
私は食事後にスクワットを20回(血糖値をあげないため)、ダンスのボックスを5分間
(つまづき防止)をして椅子に座ると、急にウトウトとなりました。


それを横目で見つけた妻は「寝たらだめでしょ!」びっくり目覚めた私がきょとんとしていると「血圧とか計ったら!」といわれ、血圧を計ると「図り方が悪い、何回云えばいいの?心臓と腕の高さはいっしょと言ったでしょ!」


実際、テレビ番組での認知症のテストで、妻は30歳代、私は70歳代、


私のことを案じてくれて、正しいことを言っているのですが、やはり、器の置き方も
大切かと思いました。