音の駅 ”僕の歌”  Bapak Uchida

音楽で人生を豊かに過ごしましょう。夢実現のお手伝いをします。

Halion6(SleepfreaksDTMスクール)①概要と特徴 メモ


HALion 6の使い方① 概要と特徴(Sleepfreaks DTMスクール)
①カテゴリーから音色を探す方法は2つ。
 ・左側のslot Rack1の右上をクリック
 ・画面一番上の中央をクリック
 Category   Bass
 Sab Category electronica/dance
 Charactor    Analog
 ・下にプリセットが表示 Aggressive Bassを選択(wクリック)
 <クイックコントロール>音色変化
②音源ごとに音色を探すことも可能(付属のインストゥルメントを使用)
 <Load/Rec>の下の<Mediaplay> の下の青い部分をクリックすると
 数多くのインストゥルメントがアイコン表示される
1.B-box
 下にプリセットが表示されないときは(B-box表示)の左の◀◀をクリックする
 Category   Dram/Perc
 Sab Category beats
   Style                  electronica/dance
 Charactor    percussive
    ・プリセットからDeep House07をwクリックしてロード
 <macro>をクリックでB-boxのGuiが表示される⇒シーケンス付きリズムマシーン
 左上のスタートし下のマスでエディット
 ・出来上がったパターンはミディファイルとして書き出し可能
  右上の↗をドラッグアンドドロップしてDAWに貼り付ける。
 ・Pattern横の<mix>⇒<output>からパラアウトも可能


2.Vortage
 Category   Bas
 Style      Bass
 Charactor    Analog
 ・Dynamicpulseをwクリックしてロード
 <macro>をクリックでGuiが表示される⇒クラッシックなシンセサウンドを作成
 OSCILLATOR OSC1 OSC2 Noise、Filter、LFOを搭載
 ・アルペジエーターがついている。<ARP>をクリック音ですぐ使える
 user 横のPhrase アルペジオのプリセットを選択Dance arp001を選ぶ
 画面下でカスタマイズが出来る。16分割、オンオフ、音量、長さ、ピッチ
 DawでNoteを一本描いておく


3.Anima
 Category   Vocal
 Sab Category spoke
      Between the line を選択
<macro>をクリックでGuiが表示される
 ・speed  音色変化速度
 ・position 発信位置の調整
 ・DAWでリズムに合うように調整


4.Skylab
 Category   Synth lead
 Sab Category Digital
   High gain graing
<macro>をクリックでGuiが表示される
   ・波形(サンプル)を鳴らす
  元の音(読み込んだオーディオ波形)を非常に細かな粒子(Grain)を分割して
  ランダムに組み合わせることで新たな音を作成
   <position>    Grainの再生位置
   <durative>    Grainの長さ
   <Graing>  Grainnの数