音の駅 ”僕の歌”  Bapak Uchida

音楽で人生を豊かに過ごしましょう。夢実現のお手伝いをします。

ブラタモリ 宇都宮 9月22日 江戸に欠かせない町

日光東照宮への日光社参の宿泊拠点で、東北方面の守りの拠点であった街。
大谷石は東京の発展に大きく貢献したことを学びました(・ω・)ノ


宇都宮  下野国(栃木県)の丘陵の先にある二荒山神社、一の宮がなまって宇都宮に
     江戸から100Km 徒歩3日
宇都宮城 (仙台、米沢・会津)東北方面の守りとして重要な拠点
     ⇒堅固な守り  高い城壁(10m)、幾重もの堀
     しかし、城主の住居は二の丸。西側に広がる街は城より高い(城上町)
     ⇒日光東照宮への日光社参、吉宗のとき13万人 本丸は将軍が宿泊、
      段々と町も西側の丘陵地へと広がり、城より高い町ができた。
大谷石  軽石凝灰岩、茶色い部分をミソと呼ぶ。柔らかいが乾燥すると穴になる
     音響に優れる。松が峰教会、帝国ホテル、築地本願寺
     昭和40年代、年間90万トン、1m×30㎝ の大きさ、山の全てを切り出す
採掘場  地下に250ケ所の採掘場。今稼働しているのは7ケ所。
     地下水がたまり温度は10度
     ミソの多い部分が層になっていて、斜めになっている
     ミソの部分に従って掘ったので、天井が段々低くなっている。
     ⇒現在、採掘場跡の上で、冷たい地下水を利用して「夏イチゴ」を栽培
     冷熱エネルギー、高冷地野菜栽培に活用している