音の駅 ”僕の歌”  Bapak Uchida

音楽で人生を豊かに過ごしましょう。夢実現のお手伝いをします。

健康カプセル9月30日 秋ばて 猛暑の後の秋

最低気温が5度以上下がると様々な不調を招く(寒暖差疲労)
①秋ばて(だるい、疲れ、寝つき)②心疾患 ③頭痛、腰痛、ひざ痛


秋ばて   
 深部体温 脳や内臓が正常に活動させるため、常に保たれている体温 
 自律神経 人は寒くなると手足の先の血管を収縮させる
      交感神経  寒いと欠陥を縮める
      副交感神経 熱いと血管を拡張
 自律神経の乱れが内蔵機能の低下の原因 
      クーラーの使い過ぎで自律神経機能の低下を招  
      適正な運動をすることで防げる


心疾患   猛暑の後の秋に多い
      ヒートショック 心臓や血管に大きな負担
      自律神経の乱れで血圧のコントロールが出来なくなる 


頭痛、腰痛、ひざ痛
 天気痛(台風が多い月)
      耳の奥にある内耳が血圧の変化を感じる
      脳がストレスを感じて交感神経を興奮させる⇒痛みを感じる
〇対策
緩めの靴下
腹巻
(交感神経)
少し大股で歩く
湯船から上がり、ぬるま湯をひざ下にかける、徐々に温度を下げる。
(副交感神経)
寝る前にさ湯を飲む
食材    大豆製品(たんぱく質が基礎代謝を整える)